スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勧誘①


物を売る手法っていろいろありますよね。
売る側にたって、お客さんにどう接したら
買ってもらえるかって、一生懸命考えるんです。
それで、買う側を表として売る側を裏とするなら
裏を知っていると、販売する人の思考が読めてしまいます

表も裏も全てじゃないけど知っていたから
出来た事を話たいと思います。



アメ横に行った時の事
街をブラブラするのが好きで、
知らない街も迷子にならないように
散策します。

「展覧会を開催しているので
もしよかったらどうですか?」
と声をかけられた。
(奇麗なお姉さんだったから?)
そう言われたら、そうかも、だって男の子だもん。

美術館で世界的に有名な物を見るものいいと思うけど
個人が開いている展示会も面白そう
という事で、拝見させていただくことにした。

室内は以外に広く、30点ぐらいの絵が
飾られている。
女性のアシスタントが、案内してくれた
とても話がうまくて、友達のように、
会話が弾んでいた。



絵に付いての説明を隣にいて
1つ1つ作品の説明をしてくれる
何点か説明つきで見せてもらった後

二階建てで、メインに見てもらっている
絵があるという。
ほかにもいろいろ置いてあるのだが
ひときわ大きい絵の前にソファーがおいてある。

熱心に絵に対して魅力を語ってくれる。
「少しお待ちを」
と言われたので携帯をいじっていると。
(仕込む)
展覧会を開いた社長だと言う男性が一緒に来た。
お茶を出しながら
女性「この絵画120万なんですが、
レプリカで、造る行程はほぼ変わらないのにこの安さ。
今しか手に入らない限定品」

社長「いかがですか?」
女性「今日は勝負パンツなんです。情熱の赤。
 これだけ良いものをお客様に進められるとあって
 私めちゃくちゃ気合い入れて情熱の赤を選んでます。
   こんなに素晴らしい物をあなたにお勧めできるなんて。
    私はとても嬉しい。」

ここで自分の携帯が鳴る
「あ。もしもし、ごめん。今から行くね。」
そして立ち上がり
「待ち合わせしている人がいるので」
そう帰ろうとした。
そしたら、やたらにたくさんのポストカードをくれた。
レジを通る時一枚300円で販売されていた。
女性&社長「次回またきてください。」
と名刺を、ぼくは急ぎながら深くお辞儀してその場を去った。

(仕込み)って携帯のタイマーを一分にセットしたんだ。
完全に、「田舎のかも」だと思われていたし、
もうカード支払いの記入用紙も持っていた。

あなたはこの環境で抜け出せる事ができるのだろうか。
社長という言葉で、圧迫感を感じ、絵を買わなければ
ならないように、落とし込まれたのだ。

でも僕はニコニコしていた。
どんなセールストークで僕を落とすのだろうと。
その人の身分や役職で、どこどこの社長だと言われ
従わなければとか、尊敬される人なんだとか
思わない事、年上であろうが議員であろうがCEO(最高責任者)
であろうが、「電車の中で隣に座っている人」
と思うのが、一番良い。ただの普通の人と。
スポンサーサイト

勧誘②


すごい人だと身分や役職で言い切った所で、
本当にすごい人かどうかは、また別の話。
問題は、この普通の人が、自分に何を伝えようと
しているかだ。

真に人の上に立つ人なら、
偉そうに言葉を振るうこともないし、
会いたいと思って合っているので無ければ
相手を自分の手の中に落とそうとしているのだ。

考え過ぎだって?
じゃぁ この社長はなんで右手に
購入用紙をもっていたのかな?
芸術家ならスーツでなくて
ラフで素朴な服きるでしょ。


次の日
渋谷でまた声をかけられ展覧会を
みた、また女性のアシスタントが、みっちり付いて
説明してくれる。

そしてこの絵を描く行程を詳しく語る。
職人が10人がかりで、年に数枚しかつくることが
できないのだという。

一番気に入った絵はどれかを聞かれ
椅子に腰掛けていると、目の前にもってきて、
ライトを変えると、こんなにも違って見えるんですと
力説、まわりのスポットライトをせわしなく変えた。

「これをこうすると、全然違うでしょ。
 とてもいい感じですよね。」
この人は、何も知らないんだって思った。
(人の顔を、写真に収めるのだって、
 同じ表情していても、光が当たる角度や、
 カメラの設置位置によって、全く別の表情が撮れてしまう
それは常識なんだって事)
それと同時に、どんな口説き文句(営業トーク)で僕を
落としてくれるのだろうかと思いながら。

で聞いてみた。
この女性は、今日くるお客さんにどれくらいの意気込み
でここにいるのか?
昨日の女性店員は下着の色で自分のアピール度を
恥じらいもなく説明した。

僕「パンツは何色ですか?」
(あなたは、この絵画をどのくらいの意気込みで僕に紹介しているのか?)
店員「それセクハラですよ。」
(なんて、エロくて最低な人!信じられない!)
と苦笑い。

「なんだ情熱的な意気込みが無いんだ。」とそう思った。
エロ目線では、個人的には、どんな色の下着をしていようが
興味はあまりない。
だって、下着の色なんかより
その人がどんな女性(性格)であって、
どれくらい、自分の事を思ってくれているか?
の方が、僕にとって重要だから。


話を戻そう、そして気まずい雰囲気が流れた所で帰ろうとした。
今度は、体をビッタリつけて、まだもう少しみていってください
そいう。もう一人も来て、さあさあと
完全に、僕を落とし込むつもりだ。

「お茶を出します」
いやいやいらないよ。
スタバじゃないし。
「この絵を買うと、買った仲間との
 グループであなたの友達が増えて、絵も自慢できて
 有意義な時間を過ごせますよ」
この一言。友達が居なかったらさぞこたえただろう。

友達は、造ってもらう,
ものじゃない。
自分で、気の合う友達を集めるんだ。
その仲間が集まれば、楽しい時間を過ごせる
ほっとする。頼りになる人達がいる輪を。

かえらないでくださいと、出口を塞ぐ店員。
このあとこの二人を振り切って出たのは間違いない。
しかもかなりの強引差だ。
買わないと出られません的。

一日目はお色気でせめられ、
二日目は、職人の技術の凄さと
ライトの角度で、絵画を誉め称え
しかも、買うまでお客を返さない強引な手
を使う店だった。

どちらも、僕の心は引かれるところが無かった。
どちらも120万円以上と高額なこと。
それを買う事で幸せがあなたに
訪れますと。言われた事。
ここにいた人達は、幸せ(絵を買ってほしいが為の幸せという名の幻)を売ろうとした。
あなたは120万円の絵画を買って幸せになれますか?

幸せって、どんな時でも自分で作り出すものそう信じています。

その仕組みを.

人生を精一杯謳歌する案内状を受け取る為に
客観的に物事を見つめ、新しい価値観を生み出す事が
自分にとって良い贈り物だとそう信じています。


自分の思う結果が欲しければ
それに到達する原因を探して
何回も失敗するのだ
「失敗なんてしたくない!」
そう思うだろうでも、失敗したら
そこに到達する方法はその原因では得られない
事が学べる。

卵が欲しければスーパーマーケットに行く
で無かったら、根本的に卵はどこから来るのかを
考え、にわとりの居る所に向かうのだ
卵が欲しいという結果に一番近づく方法がみつかる。
スーパーの店員は「ここにくれば、
食材はなんでもそろいますよ」と
自分の所で品物を買ってもらう為の原因を
棚一杯に商品をならべる事で
自分のスーパーで買い物をしてもらうという結果を得ようとしている

それは悪いことじゃない。
ただ普通にその結果(自分の用意した商品を買ってもらう)を得る為の原因が
街を歩くとき、テレビを見ているとき
ネットをしているときに
自分に対してアピールされているから
そこに原因と結果の法則が見えにくいのだ。

あなたは、どんな手紙(結果)を受け取りたいですか?
そして、あなたは自分に
どんな未来への手紙(原因)を送りますか?

原因というと、あまりいいイメージが無いと思います
原因を仕組みと置き換える事で、納得していただけるでしょうか?

ぼくらは「その仕組みを造って思い描いた手紙を受け取る」
を一緒につくりあげるんだ。

プロフィール

タケトーン

Author:タケトーン
たわいもない日記です。
たまにしか、開かないので、コメントの返しは遅くなりますm(. .)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。